AGA改善してモテる

AGAが世間の持たれる印象とは

AGAの印象は世間一般からどう

AGAでまだ20代なのに髪の毛の悩みがあるという人は少なくはありません。20代男性の75%はすでに薄毛の悩みを抱えていて、30代でその割が最も多くなります。それ程AGAは身近な症状になってきました。AGAの印象を改善したい方はこちら。

実際に恋愛や仕事において、世間一般では髪の毛が薄いAGAはどう影響するのでしょうか。周りに自分の薄毛がどう思われているのか、気になる男性は少なくないはずです。実は女性のうち72%は薄毛の男性でも恋愛対象になると答えています。年代別に見ても、女性の年齢が上がる程薄毛の男性でも「恋愛対象になる」と回答している比率が上がります。

つまり男性の7割ほどが薄毛を気にしていますが、同じ7割の女性は男性の薄毛を気にしていないということです。ただ薄毛でもその本人に清潔感があるかどうか、太っていないかなど誰でも良いというわけではなく条件があります。ハゲていることを無理やり隠しているのも、あまり女性ウケが良くありません。ハゲていても俳優さんのようなルックスならOKと、やはりAGAは恋愛に対するハードルを高くしている印象があります。

反対に「恋愛対象にならない」と回答した人は若い人ほど多く、髪があったほうがかっこいい、どうしても髪の毛に目がいってしまって気疲れする、結婚してハゲが遺伝したらかわいそう、老けてみえるという意見があります。ある程度の年齢ならいいけど、若い人のハゲは恋愛対象にならないと回答している人もいます。

では、仕事についてはどうでしょうか。はっきりとしたAGAで髪の毛が薄い人に対する差別があるわけではありませんが、能力や人柄が同程度の評価のフサフサな男性と薄毛の男性がいた場合、フサフサな男性のほうが仕事の上では有利になる可能性が高いです。

明確に「ハゲているから」というような理由があるわけではなく、その髪の状態からエネルギーを感じられない、若さを感じられないということが潜在意識に影響する可能性があります。薄毛の人のイメージは世間ではネガティブに捉えられがちなため、仕事での評価が低くなってしまうようです。